個人民事再生をする意味


個人民事再生手続きは、いうなれば破産と任意整理の中間的な位置づけにあります。
破産は借金を全額免除してもらうことを目的としており、任意整理は借り入れた額を大体全額分割弁済することを目的としていますが、個人民事再生では、借入れた額の5分の一か100万円の大きい方の額を返済し、残りは免除してもらうという手続きになっています。
借金を一部払うことに意味があるのかと思われるかもしれませんが、住宅ローンだけは全額支払わなければならない代わりに、破産のように家を失わずに、これまでどおり住むことができるという大きなメリットがありますので、持ち家を所有している人が良く利用しています。
また、破産の場合には、借入れたお金をギャンブルや浪費に使っていないか、返済できないのに借り入れをしていないかなどの厳しい審査がありますが、民事再生の場合は比較的こういった内容は重視されないようになっていますので、元々借入れ理由に問題がある人も利用することが多いです。
手続き面では、破産よりも若干面倒にはなっていますが、全額債務免除ではないので、本人の後ろめたさも和らぐということもあり、優先して選ぶ人も少なくありません。
法的な債務整理になりますので、信用情報にはブラック扱いで記載されることになるというデメリットはありますが、借金を大幅に減額することができ、家もそのまま保有しておけるというメリットは大きいので、検討してみましょう。