競売を中止できる民事再生


大きな借金を抱えてしまい、今住んでいるマイホームの住宅ローンの支払いも困難になってしまった。
そんなときに住宅ローンの支払いを延滞し続けてしまうと差し押さえから競売にかけられて処分されてしまいます。
なんとかマイホームを残したまま借金問題を解決できないだろうかとお考えの方は民事再生という手続きがあります。
これなら借金が大幅に減額され、その額を原則3年で返済します。返済が終わればすべての借金が無くなります。
しかもマイホームを残したまま民事再生の手続きができるのです。
個人再生における住宅ローン特則という制度で住宅ローン以外の債務を返済する間は住宅ローンの支払いが猶予されます。
住宅ローンの残高を減らせるわけではありませんが、民事再生では今進行中の競売手続きでも中止する事ができます。
競売にかけられてしまうと市場価格より安価に処分されてしまうので、お早目に専門家に民事再生の手続きを行えないか相談してはいかがですか。
民事再生は手続きが煩雑で個人で行うのは大変困難です。
継続安定した収入がある方でないと手続きを行えません。
信用情報にも傷がついてしまい当分の間は借入やクレジットカードの作成ができなくなります。
ですがギャンブルや浪費がもとの借金でも手続きを行えます。
債務整理のうちの任意整理より大幅に借金が減額されますし、自己破産のようにマイホームを失うこともありません。
大きな借金がありマイホームに家族と一緒に住んでいる方は自己破産よりも民事再生を選んではいかがでしょう。