3年から5年の期間で返済できる民事再生


民事再生は借金が大幅に減額され、その額を3年から5年の期間で返済できる債務整理の手続きのうちの一つです。
多重債務に陥ってしまって多額の借金がある方でも大幅に借金を減らせる可能性があります。
住宅ローンの支払い猶予を認める制度である住宅ローン特則もあり、住宅ローンの返済が困難になっている方でもマイホームを残したまま民事再生の手続きを行えます。
住宅ローンを滞納し続けてしまうと差し押さえから競売にかけられて安価に処分されてしまいます。
民事再生の認可が見込める場合は裁判所は進行中の競売手続でも中止することができます。
自己破産では借金の全額が免責となりますが、マイホームや99万円以上の現金、20万円以上の預金などの財産は処分されてしまいます。
任意整理では借金の元金は免除の対象になりません。
大幅に借金の元本を減らしたうえでマイホームを残せるのが民事再生の手続きです。
自己破産はギャンブルや浪費が原因の場合は手続きができませんが、民事再生なら可能です。
その代わりに給与など収入が安定継続している方でないと民事再生は行えません。
信用情報にもキズがついてしまい、しばらくはローンを組んだりクレジットカードの作成はできません。
官報にも名前が記載されてしまいます。
しかし3年から5年の期間で返済できる目処が立つというのは大きな安心感につながるのではないでしょうか。
個人では大変難しい手続きなので、借金問題の専門家にお任せされた方が良いです。