民事再生における売掛金の扱い


会社が民事再生手続きを行う時、多くの取引先は売掛金として、再生会社に債権を持っている状態になります。
民事再生では、債権額の一部分のみが分割で支払われた後は、残りに対して相手に一切請求することができなくなります。
また、再生申立をした後は、預金口座等の差し押さえも禁止されていますし、一部の債権者に偏頗弁済をすることもできませんので、売掛金の全額回収はまず不可能であると考えましょう。
部分的な回収をするにしても、裁判所の手続きの流れにのっとって、適宜必要書類を提出しなければなりません。
まず、通常は申立てをする前に、弁護士や申立てをする会社から、債権調査の用紙が届きます。
調査を行わず、いきなり民事再生申立てを裁判所に提出するケースもあります。
申し立てが受理されると、今度は裁判所から債権調査の用紙が届きます。
これは、きちんと明細を添えて、金額を記入して期日内に返送しましょう。
債権者からもれている場合には、裁判所から通知が来ませんので、別途申立て代理人弁護士や、裁判所に届出をしなければなりません。
また、再生手続きに同意するかどうかという問い合わせも来ます。
債権者の過半数から同意が得られなければ、手続きができなくなります。
その後、資産や収入と債権総額に応じて、返済計画が提示され、振込先の問い合わせがあります。
振りこみ希望の口座を連絡すると、その後は分割により、一定金額の支払いを受ける形になっています。”