民事再生と繰り上げ返済について


個人にしろ法人にしろ、民事再生における再生計画案は、基本的に毎月定額の振込みによる分割弁済になります。
これは、債権額によって按分弁済する形になりますので、少額の借り入れしかしていないところに対しては、毎月数百円程度の返済になることもあります。
民事再生における分割弁済は、一部の任意整理による返済とは違い、利息や損害金はかからないようになっています。
そのため、基本的にはわざわざ繰り上げ返済をする必要もありませんが、振込先の銀行が、普段利用している銀行と異なる場合、毎月振込みをする度に振込手数料が数百円ずつかかってしまいます。
場合によっては、数百円の返済のために、ほぼ同じ金額、またはそれ以上の振込手数料を負担しなければならなくなってしまいますので、こういった場合には、ある程度まとまった金額を繰り上げ返済するほうが、トータルの支払額が安くなります。
ただ、この場合注意しなければならないのが、債権者の経理上の取り扱いです。
業者によっては、数か月分の繰り上げ返済をすれば、翌月以降の返済を支払った月数分延期することができる場合もありますが、原則は毎月の支払いになっています。
そのため、数か月分のまとめ払いをしても、その翌月にはやはり約定通りの支払いはしなければなりません。
繰り上げ返済の扱いになるか、まとめ払いとして、数ヶ月支払いをとめることができるかは業者次第ですので、返済をする時に相談してみると良いでしょう。