民事再生と会社更生の違いとは


民事再生手続きも、会社更生手続きも、会社の再建を目的とした倒産法であることは共通しています。
では、どこが異なるかというと、民事再生手続きの場合には手続きが比較的簡素で、役員などの変更も法律で定められていませんので、会社が主体で事業を立て直すことができます。
中小企業の規模で手続きを行うことが多く、また、株式会社だけでなく、有限会社や個人事業主でも手続きをとることができますし、安定した収入があれば、持ち家を所有しているような個人が破産の変わりにこの手続きをとることも多くなっています。
一方、会社更生は役員が退陣して管財人がつく手続きであり、借り入れ先の数や借入額が大きい、大規模な会社の倒産の時に良く利用されています。
影響が大きくなる分、手続きは非常に厳格で面倒なものとなっていますが、債権者にとっては回収率が高くなることが多いため、民事再生手続きに対して債権者から過半数の同意を得られない場合には、会社更生にシフトしていくというケースもあります。
手続きができるのは株式会社のみに限られており、再生手続きに比べると古い時期に施行されたものですので、現在のニーズに合致していない点も多くなっています。
いずれの手続きも、時間が勝負になる案件ですし、専門家が行わなければスムーズには進まないような複雑な内容になっていますので、弁護士に相談して、できればその後の手続きに就いても代行を依頼したほうが良いでしょう。