個人を対象にした民事再生


多額の借金を抱えてしまったというときには債務整理の手続きを行うことで解決を目指せます。
債務整理には任意整理、自己破産、民事再生などがあります。
任意整理では専門家が債権者と任意で交渉を行います。
将来利息がカットされるので元本と利息を合わせた返済総額が減ります。
自己破産はすべての借金が免除となります。しかし最低限の物だけ残してマイホームなど財産を失ってしまいます。
民事再生は借金を大幅にカットされた上で原則3年で返済します。
任意整理よりも借金の圧縮効果が高い、住宅ローンの支払い猶予を認める制度である住宅ローン特則を利用すれば自己破産のようにマイホームを失うことがないなどのメリットがあります。
債権者側は自己破産されるよりも回収が見込めるために同意するケースが多いです。
借金が多額になっているけど、マイホームは失いたくない方は、任意整理より個人を対象にした民事再生を選んだほうが良いです。
その代わりに借金がすべて免除されるわけではないので、安定した収入がある方でないと利用できません。
信用情報機関に登録されてしばらくの間は借り入れやクレジットーカードの作成をすることができません。
政府が発行している官報に名前が記載されてしまいます。
ですが官報をいちいちチェックしている人はほとんどいないと思われますのでこの点は大丈夫でしょう。
住宅ローンに関する特則では認可の見込みがある場合は進行中のマイホームの競売手続も中止することができます。
競売手続きは勝手に進んでしまいますので、お早目に専門家にご相談ください。